Twitterフォローよろしくお願いします!

アミノ酸とタンパク質

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ有機化学の「アミノ酸とタンパク質」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

「耳たこ化学」の公式Line@です。キーワードから化合物の詳細画像耳たこ高校化学のページを検索できます。友達登録よろしくお願いします↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アミノ酸

アミノ酸の性質


α-アミノ酸は、同一の [ 元素 ] に [ 官能基 ] と [ 官能基 ] が結合した [ 分類名 ] 。
 アミノ酸

① [ 物体 ] を分解すると得られる。タンパク質を構成する [ 用語 ] のアミノ酸は [ ] 種類。
② 体内で [ 用語 ] できずに、食物から摂取する必要があるアミノ酸を [ 分類名 ] という。
③ グリシン以外は [ 用語 ] をもち、[ 異性体 ] が存在する。
④ 結晶中では [ イオン ] として存在する。

アミノ酸の種類

名称 必須

[ アミノ酸 ] Gly
グリシン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Ala
アラニン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Ser
セリン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Cys
システイン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Met
メチオニン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Phe
フェニルアラニン構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Tyr
チロシン構造式
[ ○or× ]

[ アミノ酸 ] Asp
アスパラギン酸構造式
[ ○or× ]
[ アミノ酸 ] Glu
グルタミン酸構造式
[ ○or× ]


[ アミノ酸 ] Lys
リシン構造式
[ ○or× ]

アミノ酸の反応

[ ○○化 ] [ 分類名 ] を加えると、[ 官能基 ] の部分が反応して [ ○○化 ] される。
 アミノ酸エステル化
[ ○○化 ] [ 化合物 ] を加えると、[ 官能基 ] の部分が反応して [ ○○化 ] される。
 アミノ酸アセチル化
[ 反応 ] [ 化合物 ] 水溶液を加えて加熱すると、[ ] に呈色する。
[ 状態 ] アミノ酸は [ 化合物 ] に溶けると、陽イオンと陰イオン、双性イオンの [ 状態 ] となる。
・[ イオン ] (酸性溶液中)
 アミノ酸陽イオン
  ⇅
・[ イオン ] (中性溶液中)
 アミノ酸双性イオン
  ⇅
・[ イオン ] (塩基性溶液中)
 アミノ酸陰イオン
アミノ酸水溶液の陽イオンと陰イオンの数が [ 用語 ] なり、電荷が0となり電気的に [ 用語 ] となるpHの値を [ 用語 ] という。
また、アミノ酸の種類によって [ 用語 ] が異なるので、アミノ酸の混合溶液を適当なpHで直流電圧をかけてそれぞれのアミノ酸に分離する。これを [ 用語 ] という。

 

タンパク質

タンパク質の性質


2分子のアミノ酸の [ 官能基 ] と [ 官能基 ] 基から、水1分子がとれて [ 用語 ] してできた結合を [ 結合 ] という。
複数のアミノ酸が [ 反応 ] して結合した物質を [ 分類名 ] といい、2分子のアミノ酸が結合したものを [ 分類名 ]、3分子だと [ 分類名 ]、多数のアミノ酸が結合したものを [ 分類名 ] という。
 ペプチド結合

[ 構造 ] ポリペプチドの鎖状構造でのα-アミノ酸の [ 用語 ] 。
[ 構造 ] ペプチド結合の部分で [ 結合 ] を形成してできた [ 構造 ] 。[ 形状 ] の [ 名称 ] 構造とジグザグ状の [ 名称 ] 構造がある。
[ 構造 ] 二次構造の [ 結合 ] やS?S結合の [ 結合 ] によって立体構造となる。
[ 構造 ] [ 構造 ] が複数集まり、一体となった構造。

タンパク質の分類


[ 分類名 ]
タンパク質
タンパク質分子が複雑に [ 形状 ] になる。
例:アルブミン、グロブリン
[ 分類名 ]
タンパク質
タンパク質分子が [ 形状 ] となる。
例:ケラチン、コラーゲン、フィブロイン

[ 分類名 ]
タンパク質
[ 物体 ] だけからなるタンパク質。
例:アルブミン、グルテリン、アミラーゼ
[ 分類名 ]
タンパク質
アミノ酸以外に、[ 物体 ]、[ 物体 ]、[ 物体 ] なども含むタンパク質。
例:カゼイン、ヘモグロビン

タンパク質の反応

[ 反応 ] タンパク質は [ 用語 ] であり、[ 用語 ] で沈殿する。
[ 反応 ] タンパク質が熱、pH、重金属イオンやアルコールによって、[ 構造 ] 以上が[ 用語 ] する。
[ 反応 ] うすい酸や塩基、[ 用語 ] などで [ 用語 ] される。
[ 反応 ] [ 化合物 ] 水溶液と、少量の [ 化合物 ] 水溶液を加えると [ ] となる。連続する [ 結合 ] を検出する。
[ 反応 ] [ 物質名(酸) ] を加えて加熱すると [ ] になり、冷却後アンモニア水を加えて [ 液性 ] にすると [ ] 色となる。[ 構造 ] を検出する。
[ 反応 ] [ 化合物 ] 水溶液を加えて加熱すると、[ ] に呈色する。側鎖の [ 官能基 ] を検出する。
[ 化合物 ] 固体の [ 化合物 ] を加えて加熱し、[ 化合物 ] 水溶液を加えると [ 化合物 ] の [ ] 沈殿が生じる。[ 元素 ] を検出する。

 

有機化学分野単元一覧
このページは「有機化学分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...