Twitterフォローよろしくお願いします!

化学の基本法則

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ化学基礎の「化学の基本法則」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

化学の基本法則

原子説を導く法則

[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1774年)
反応の前後において、反応に関係した物質の [ 用語 ] の総和は変わらない。
[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1799年)
化合物を構成する [ 用語 ] の比は常に一定である。
[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1803年)
2種の元素A、Bからなる化合物が2種類以上あるとき、元素Aの一定数と化合する元素Bの質量の間には、簡単な [ 用語 ] が成立する。
[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1803年)
すべての物質は、分割できない [ 粒子 ] という粒子でできている。(など他3つの法則)

分子説を導く法則

[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1808年)
気体間の反応について、反応または生成する気体の [ 用語 ] の間には、簡単な整数比が成立する。
(これは [ 基本法則 ] に矛盾する。)
[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1811年)
すべての気体は、同温・同圧のもとで、同体積であれば気体の種類に関係なく同数の [ 粒子 ] を含む。
[ 基本法則 ]

[ 人物 ](1811年)
すべての気体は、同じ種類・異なる種類に関わらずいくつかの原子が結合した [ 粒子 ] という粒子からなる。

 

化学基礎分野単元一覧
このページは「化学基礎分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...