Twitterフォローよろしくお願いします!

芳香族カルボン酸

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ有機化学の「芳香族カルボン酸」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

「耳たこ化学」の公式Line@です。キーワードから化合物の詳細画像耳たこ高校化学のページを検索できます。友達登録よろしくお願いします↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

芳香族カルボン酸

芳香族カルボン酸の性質


[ 構造 ] に直接 [ 官能基 ] が結合した化合物。

① 水に [ 溶けやすさ ] 。液性は脂肪族 [ 分類名 ] と同程度の強さの [ 液性 ] を示す。
② [ 液性 ] の [ 化合物 ] などと [ 反応 ] し、[ 物体 ] をつくる。
③ [ 化合物 ] 水溶液に入れると、[ 反応 ] が起こり [ 化合物 ] が発生し [ 溶けやすさ ] 。
④ [ 化合物 ] と反応して [ 分類名 ] となる。

安息香酸


[ ] の [ 状態 ] で、水には溶けずに [ 物体 ] に溶ける。
液性は [ 液性 ] を示す。
 安息香酸構造式

[ 化合物 ] を [ 触媒 ] で [ 反応 ] して得られる。
・[ 化合物 ]
 トルエン構造式
  ↓酸化
・[ 化合物 ]
 安息香酸構造式

フタル酸


[ 分類名 ] で [ 官能基 ] を2つもつ。
3種類の [ 異性体 ] がある。
・[ 化合物 ]
 フタル酸構造式

・[ 化合物 ]
 イソフタル酸構造式

・[ 化合物 ]
 テレフタル酸構造式


[ 化合物 ] を [ 反応 ] すると得られる。
・[ 化合物 ]
 o-キシレン構造式
  ↓酸化
・[ 化合物 ]
 フタル酸構造式

[ 化合物 ] は [ 化合物 ] を [ 化合物 ] は [ 化合物 ] をそれぞれ酸化することで得られる。


[ 化合物 ] は加熱すると [ 反応 ] が起こり、[ 化合物 ] となる。
・[ 化合物 ]
 無水フタル酸構造式
また、[ 化合物 ] を [ 反応 ] することでも [ 化合物 ] は得られる。
・[ 化合物 ]
 ナフタレン構造式

サリチル酸


[ 官能基 ] と [ 官能基 ] の両方の性質をもつ。
[ ] の [ 状態 ] で、液性は [ 液性 ] 。
 サリチル酸構造式

① [ 化合物 ] に高温高圧下で [ 化合物 ] を反応させ、[ 化合物 ] をつくる。
② [ 液性 ] を用いて [ 化合物 ] を [ 反応 ] する。
・[ 化合物 ]
 ナトリウムフェノキシド構造式
  ↓+二酸化炭素
・[ 化合物 ]
 サリチル酸ナトリウム構造式
  ↓+強酸
・[ 化合物 ]
 サリチル酸構造式

① [ 分類名 ] としての反応
[ 化合物 ] 水溶液で [ ] に呈色する。

② [ 分類名 ] としての反応
[ 化合物 ] と [ 用語 ] すると、[ ○○化 ] が起こり [ 化合物 ] が生成する。
・[ 化合物 ]
 アセチルサリチル酸構造式
これは [ 別名 ] ともいい、[ 薬品 ] として用いる。また、カルボン酸なので [ 化合物 ] 水溶液に溶ける。

③ [ 分類名 ] としての反応
[ 化合物 ] と [ 物質名(酸) ] を加えて [ 用語 ] すると、[ ○○化 ] が起こり [ 化合物 ] が生成する。
・[ 化合物 ]
 サリチル酸メチル構造式
[ 薬品 ] といて用いられる。また、[ 分類名 ] であるので [ 化合物 ] を呈色する。

 

有機化学分野単元一覧
このページは「有機化学分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...