Twitterフォローよろしくお願いします!

アルコールとエーテル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ有機化学の「アルコールとエーテル」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

「耳たこ化学」の公式Line@です。キーワードから化合物の詳細画像耳たこ高校化学のページを検索できます。友達登録よろしくお願いします↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルコール

アルコールの性質


炭化水素の水素原子を、[ 官能基 ] で置き換えた物質。
一般式は、R-OH

① [ 用語 ] しないので、液性は [ 液性 ] 。
② ヒドロキシ基は [ ○○性 ] である。
③ ヒドロキシ基は [ 結合 ] を形成し、[ 用語 ] が高くなる。
④ [ 金属 ] と反応して [ 単体 ] を発生して、[ 化合物 ] となる。

アルコールの価数による分類

[ 価数 ]
アルコール
結合している [ 官能基 ] の数( [ 用語 ] )が [ ] のアルコール。
・[ 化合物 ]
 メタノール構造式

・[ 化合物 ]
 エタノール構造式

[ 価数 ]
アルコール
結合している [ 官能基 ] の数( [ 用語 ] )が [ ] のアルコール。
・[ 化合物 ]
 エチレングリコール構造式
[ 価数 ]
アルコール
結合している [ 官能基 ] の数( [ 用語 ] )が [ ] のアルコール。
・[ 化合物 ]
 グリセリン構造式

アルコールの級数による分類

ヒドロキシ基が結合している [ 用語 ] に、他の炭素原子な何個ついているかを [ 用語 ] という。
[ 級数 ]
アルコール
アルキル基が [ 個数 ]
 第一級アルコール構造式
[ 級数 ]
アルコール
アルキル基が [ 個数 ]
 第二級アルコール構造式
[ 級数 ]
アルコール
アルキル基が [ 個数 ]
 第三級アルコール構造式

分子量による分類

分子量 分類 常温
[ 分類名 ] [ 溶解 ] [ 色・状態 ]
[ 分類名 ] [ 溶解 ] [ 色・状態 ]

メタノールとエタノール

メタノール エタノール
CH3OH C2H5OH


メタノール構造式 エタノール構造式

[ 色・状態 ]
[ 毒性 ]
[ 色・状態 ]

触媒下、高温高圧で [ 化合物 ] と [ 単体 ] を反応させる。
 (式):CO + 2H2
    → CH3OH
① 触媒下、高温高圧で [ 化合物 ] に [ 化合物 ] を反応させる。
② [ 化合物 ] を [ 用語 ] で得られる。(酵素:[ 酵素 ] )

① [ 金属 ] と反応すると、[ 単体 ] を発生し、[ 化合物 ] となる。
② メタノールの[ 反応 ] は、[ 化合物 ] となり、さらに酸化して [ 化合物 ] となる。
・[ 化合物 ]
 ホルムアルデヒド構造式
 ↓酸化
・[ 化合物 ]
 ギ酸構造式
① [ 金属 ] と反応すると、[ 単体 ] を発生し、[ 化合物 ] となる。
② エタノールの[ 反応 ] は、[ 化合物 ] となり、さらに酸化して [ 化合物 ] となる。
・[ 化合物 ]
 アセトアルデヒド構造式
 ↓酸化
・[ 化合物 ]
 酢酸構造式

アルコールの酸化

酸化反応
① [ 分類名 ]
 第一級アルコール構造式
  ↓酸化
② [ 分類名 ]
 アルデヒド構造式
  ↓酸化
③ [ 分類名 ]
 カルボン酸構造式
① [ 化合物 ]
 1-プロパノール構造式
  ↓酸化
② [ 化合物 ]
 プロピオンアルデヒド構造式
  ↓酸化
③ [ 化合物 ]
 プロピオン酸構造式
① [ 分類名 ]
 第二級アルコール構造式
  ↓酸化
② [ 分類名 ]
 ケトン構造式
  ↓
③ [ 酸化 ]
① [ 化合物 ]
 2-プロパノール構造式
  ↓酸化
② [ 化合物 ]
 アセトン構造式
① [ 分類名 ]
 第三級アルコール構造式
  ↓
② [ 酸化 ]

エタノールの脱水反応

比較的
高温
[ 物質名(酸) ] を加えて[ 数値 ] ℃で加熱すると、[ 用語 ] が起こり、 [ 化合物 ] となる。
・[ 化合物 ]
 エチレン構造式
比較的
低温
[ 物質名(酸) ] を加えて [ 数値 ] ℃で加熱すると、2分子から [ 用語 ] が起こり、[ 化合物 ] となる。
・[ 化合物 ]
 ジエチルエーテル構造式

 

エーテル

エーテルの性質


① [ 分類名 ] 2分子から [ 化合物 ] が1分子がとれて [ 用語 ] したものを [ 分類名 ] という。
② 2個のアルキル基(炭化水素基)が [ 結合 ] によって結びついており、一般式は、R1-O-R2
③ [ ○○性 ] の [ 状態 ] で、水に [ 溶けやすさ ] 。
④ [ 物体 ] として他の [ 用語 ] を溶かす。
⑤ 同じ炭素数の[ 分類名 ] と [ 用語 ] の関係。
⑥ [ 金属 ] とは反応しない。

① [ 化合物 ](常温で [ 状態 ] )
 ジメチルエーテル構造式

② [ 化合物 ]
 エチルメチルエーテル構造式

③ [ 化合物 ]
 ジエチルエーテル構造式

 

有機化学分野単元一覧
このページは「有機化学分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...