Twitterフォローよろしくお願いします!

物質の状態

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ化学基礎の「物質の状態」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

粒子の熱運動

熱運動と拡散

熱運動 物質を構成する粒子の不規則な運動を [ 用語 ] という。温度が高いほど [ 用語 ] 運動となる。
拡散 熱運動によって粒子が空間に広がる現象を [ 用語 ] という。

温度

[ 温度 ]

[ 化合物 ] の融点(凝固点)と [ 用語 ] の間を100等分して1°Cの温度差が定められている。 セ氏温度ともいい、単位は°Cを用いる。
[ 温度 ]

粒子の熱運動が停止する温度を [ 用語 ] といい、温度の下限である。この絶対零度を基点とし、セ氏温度と同じ目盛り幅をもつ温度。 [ 単位 ] を用いる。
絶対温度 T(K) とセルシウス温度 t(℃) の関係は、
 → [ 関係式 ]

 

物質の状態

物質の三態

固体 粒子が [ 用語 ] 配列している。粒子の熱運動は穏やかで、その場で [ 用語 ] している。
液体 熱運動が少し活発であり、粒子が [ 用語 ] に動く。
気体 粒子の熱運動が激しく、空間を [ 用語 ] に運動できる。粒子間の距離が大きく、[ 用語 ] も大きい。
 状態変化図
[ 状態変化 ] :固体が液体になる変化。
[ 状態変化 ] :液体が固体になる変化。
融解や凝固が起こる温度を [ 用語 ] または [ 用語 ] という。
[ 変化 ] :液体が気体になる変化。
[ 状態変化 ] :気体が液体になる変化。
蒸発や凝縮が起こる温度を [ 用語 ] という。
[ 状態変化 ] :固体が気体に、または気体が固体になる変化。

物質の変化

物理変化 物質の [ 用語 ] が変わらない変化。融解と凝固、蒸発と凝縮、昇華などの [ 用語 ] がある。
化学変化 物質の種類が変わる変化。[ 用語 ] ともいい、化学式も変わる。1種類の物質が2種類以上に分かれる [ 用語 ] 、2種類以上の物質が結びつき1種類の物質ができる [ 用語 ] がある。

 

化学基礎分野単元一覧
このページは「化学基礎分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...