Twitterフォローよろしくお願いします!

銅の性質と化合物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ無機化学の「銅の性質と化合物」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

「耳たこ化学」の公式Line@です。キーワードから化合物の詳細画像耳たこ高校化学のページを検索できます。友達登録よろしくお願いします↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

銅の性質

銅の単体

銅 Cu

[ ] を帯びた [ 硬度 ] 金属

[ ○性 ] や [ ○性 ] がよい。
[ 用語 ] 伝導性や [ 用語 ] 伝導性がよい。
湿った [ 物質名 ] 中で [ 物体 ] と呼びれる [ 用語 ] を生じる。

[ 合金 ] は [ 金属 ] との合金。
[ 合金 ] は [ 金属 ] との合金。
[ 合金 ] は [ 金属 ] との合金。




[ 物質名(酸) ] や [ 物質名(酸) ] には溶けないが、[ ○○力 ] の強い酸である [ 物質名(酸) ] や [ 物質名(酸) ] には溶ける。
・希硝酸との反応
 (式1):3Cu + 8HNO3
     → 3Cu(NO3)2 + 4H2O +2NO
・濃硝酸との反応
 (式2):Cu + 4HNO3
     → Cu(NO3)2 + 2H2O +2NO2
・熱濃硫酸との反応
 (式3):Cu + 2H2SO4
     → CuSO4 + 2H2O + SO2

【銅の精錬】
① 溶解炉で [ 物体 ] を硫化銅(Ⅰ)とする。
② 転炉に移し、[ 用語 ] を送り [ 用語 ] して [ 物体 ] とする。粗銅には、鉄、ニッケル、銀や金などの [ 用語 ] を含む。
③ 陰極板を [ 物体 ] 、陽極板を [ 物体 ] として硫酸酸性の [ 化合物 ] 水溶液を電気分解する。これを [ 用語 ] という。
④ 陰極に [ 物体 ] が得られる。
また、陽極の下には [ 金属 ] や [ 金属 ] などのイオン化傾向の [ 大小 ] 金属が [ 用語 ] としてたまる。
また、水溶液中に [ 用語 ] が大きい [ 金属 ] や [ 金属 ] がイオンとして存在する。

 

銅の化合物

銅の化合物の性質

[ 化合物 ] CuO

[ ] の [ 状態 ] で、[ 用語 ] 。
銅を [ 物体 ] 中で加熱(1000℃ [ 用語 ] )で得られる。
 (式4):2Cu + O2 → 2CuO
[ 化合物 ] Cu2O

[ ] の結晶。
銅を [ 物体 ] 中で加熱(1000℃ [ 用語 ] )で得られる。
または、[ 化合物 ] を [ 用語 ] して得られる。
 (式5):4CuO → 2Cu2O +O2
[ 化合物 ] Cu(OH)2

[ ] の [ 状態 ] 。
[ 用語 ] すると、[ 化合物 ] が得られる。
 (式6):Cu(OH)2 → CuO + H2O
[ 化合物 ] CuSO4

[ 用語 ] は [ ] の結晶で、加熱すると [ 用語 ] となり [ ] 粉末となる。
 → CuSO4・5H2O
無水塩は水に触れると [ ] の五水和物になるので、[ 物質名 ] の検出に用いる。

銅イオンの沈殿

Cu2+ [ ]
NaOHaq Cu(OH)2 [ 色・状態 ]
[ ] のNH3aq [Cu(NH3)4]2+ [ 色・状態 ]
[ 化合物 ] H2S CuS [ 色・状態 ]

 

無機化学分野単元一覧
このページは「無機化学分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...