Twitterフォローよろしくお願いします!

酸化還元滴定・金属のイオン化傾向

スポンサーリンク
スポンサーリンク

耳たこ化学基礎の「酸化還元滴定・金属のイオン化傾向」のページとなります。
[   ] や表の空欄をクリックすると答えが表示されます。
また、ページをリロード(再読み込み)すると再度空欄になるので、何度も繰り返して暗記していきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酸化還元滴定

酸化還元滴定と指示薬

濃度既知の酸化剤(還元剤)を用いて、濃度未知の還元剤(酸化剤)の水溶液の濃度を求める操作を [ 用語 ] という。
「酸化剤が [ 用語 ] 電子の数」=「還元剤が [ 用語 ] 電子の数」となるとき酸化剤と還元剤は過不足なく反応する。これより酸化還元滴定の終点を求めることができる。
指示薬 特定の指示薬は使わずに、有色の酸化剤を用いる。
・過マンガン酸カリウム
[ ] MnO4 → Mn2+[ ]
・ヨウ素
[ ] I2 → 2I [ ]

 

金属のイオン化傾向

金属のイオン化傾向と反応

表の上の金属ほどイオン化傾向の大きい金属= [ イオン ] になりやすく、[ 用語 ] を作り、電離して [ 溶けやすさ ] 。
空気との反応 水との反応 酸との反応
Li [ 条件 ] ですぐに反応 [ 条件 ] で激しく反応 うすい酸と反応して [ 単体 ] を発生
K
Ca
Na
Mg [ 条件 ] で反応 [ 物体 ] 反応
Al [ 物体 ] と反応
Zn [ 条件 ] で反応
Fe
Ni 反応しない
Sn
Pb
(H)
Cu [ 物質名(酸) ] や [ 物質名(酸) ] と反応
Hg
Ag 反応しない
Pt [ 物質名 ] と反応
Au
空気との反応 水との反応 酸との反応
表の下の金属ほどイオン化傾向の小さい金属= [ イオン ] になりにくく、[ 用語 ] のままでいる。また、[ 溶けやすさ ] 。
例外①:Al、Fe、Ni は [ 物質名(酸) ] や [ 物質名(酸) ] には [ 用語 ] を形成して溶けない。
例外②:Pb は [ 物質名(酸) ] や [ 物質名(酸) ] で不溶の塩を作り表面を覆うので溶けない。
・王水は [ 物質名(酸) ] と [ 物質名(酸) ] との混合物で [ ○○力 ] が非常に強い。

 

化学基礎分野単元一覧
このページは「化学基礎分野単元一覧ページ」です。 下の一覧表のリンクをクリックして、各単元のページ...